スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第3回医療通訳を考える全国会議」に参加した感想

 2010年8月21日(土)に、「多文化共生センターきょうと」が主催して、「第3回医療通訳を考える全国会議」が行われました。
 会場は、JR京都駅前の、「キャンパスプラザ京都」が使われました。
 構成は、3部に別れ、第1部と第3部は、「実践者会議」が行われ、「医療通訳共通基準」を作成することを目的に、医療通訳者に必要な、「知識・技術・倫理」などについて、全国から集まった11もの、医療通訳の活動・派遣を実施している団体の代表者達が、活発な意見交換をしました。
 地域的には、北海道から1団体、東北地方から2団体、関東から1団体、三重県から1団体、関西からは4団体、鳥取県から1団体、そして全国をカバーする「医療通訳士協議会」が含まれていました。
 第2部の「フォーラム」では、話題の焦点は「メデイカルツーリズム」に絞られ、アジアの医療観光の事情と実態が紹介され、非常に興味深かったです。
 具体的には、タイからは医療観光を実践している医療従事者が、韓国からは医療通訳者が、各々現地から回線を結んでの中継で報告され、又日本からは、既に実践されている徳島県の病院の実践報告がありました。
 韓国では、国レベルでの支援があり、5ヶ国語(英語、日本語、中国語、ロシア語、アラブ語)の通訳者達は、6ヶ月間で200時間の研修を義務付けていると聞き、非常な熱の入れ様に感心しました。
 タイでは、国立病院より私立病院の方が医療観光を視野に入れた体制が取り易く、東南アジア最大のバンコク病院グループでは、15ヶ国語もの言語に対応した通訳サービスを実施しているのには驚きました。 
 韓国、タイ、シンガポールなど、やはり観光インフラが充実している国々は、医療観光を取り入れ易い地盤があると思いました。
 しかし、医療技術も伴わなければいけないことは明白です。 日本はその点では、世界に誇れる技術力の高さがあると思います。
 「メデイカルツアーが流行る理由」は興味を惹かれました。 次の通りです。
・物価が安い。 ・医療レベルが高い。 ・治安が良い。 ・観光インフラがしっかりしている。 ・外国人観光客が多く、その対応に慣れている。 ・医療従事者が英語を話せる。 ・外国人が多く住んでいる。 ・宗教的に厳格ではない。       
 今後、日本でメデイカルツーリズムを普及させて行くには、「地域医療に影響を与えない。」「治療目的ではなく、検査中心で、その後の治療に関しては、患者の国の医療機関と上手く連携を取って行けるか。」などまだまだ多くの課題があるように思えました。
 又、医療通訳の活動環境にも大きな影響を与えることには違いないとも思いました。
                       
IMEDIATA 医療通訳者
河合和代
英語教師を経て、ハワイ大学大学院にてTESOL(第二言語としての英語指導法)習得。
帰国後、KAWAI ENGLISHを主宰し、日⇔英の通訳・翻訳と英会話・日本語指導等を実施。
医療通訳としては、2007年秋から大阪府立の複数の病院に於いて、2008年春からはりんくう国際医療センターに於いても活動している。
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

IMEDIATA

Author:IMEDIATA
医療、教育、ビジネス、通訳 … 様々なバックグラウンドを持つ
医療通訳者、関係者からの
メッセージです。

詳しくは 「はじめに」 を
お読みください。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

はじめに (1)
医療英語コラム (3)
医療中国語コラム (2)
医療通訳者コラム (2)
医療通訳記事 (2)
講座・研修レポート (7)
受講者の声 (1)
調査報告 (1)
未分類 (0)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。