スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市立芦屋病院での医療英会話講座が新聞に掲載

IMEDIATAが行っている市立芦屋病院(兵庫県)での医療英会話講座について、次のとおり神戸新聞に掲載されました。(松本佐紀子)

英語でOK「国際外来」 市立芦屋病院に新設
 芦屋市立芦屋病院(同市朝日ケ丘町)が、病状の聞き取りから診察の説明まで、すべて英語でやりとりする「国際外来」を設置した。同様の部署を持つ公立病院は兵庫県内で初という。外国人居住者の多さが背景にあり、英語に堪能な看護師2人を採用した。
 芦屋市では昨年12月末現在、1808人の外国人が居住し、市民全体の1.9%を占める。
 市立芦屋病院では、医師はほぼ英語を話せるが、職員や看護師らは、受付や電話の対応に困る場面が少なくなかった。また、日常会話なら日本語を話せる外国人の患者も、病気について説明するのは難しいこともあり、国際外来として体制を整えることにした。
 今後、看護師や職員らを対象に、月1回ペースで英会話講座を行い、英語力の底上げを目指す方針。将来はボランティアの活用も検討している。
 同病院の佐藤徳治事務局長は「異国で病気になるのは不安なもの。外国人にも質の高い医療を提供したい。国際文化住宅都市を掲げる芦屋にふさわしい、特色のある病院を目指す」と話す。
 同様の国際外来は、関西空港に近い「りんくう総合医療センター市立泉佐野病院」(大阪府泉佐野市)に設けられている。
(神戸新聞 切貫滋巨)
(2010/04/28 15:45)
スポンサーサイト

市立芦屋病院で医療英会話講座を開催

芦屋病院2_convert_20100718223801芦屋病院1_convert_20100718223929

4月23日市立芦屋病院にて、IMEDIATAによる初めての医療英会話講座が5時半~7時まで催されました。教育委員の小松真奈美さんを講師に、今回のテーマは、『診療申し込み』『Emergency English(聞き取れなかった時の表現)』。
院長のお陰で、なんと90名近い病院のスタッフ(総数の約半数にあたります)が集い、廊下のベンチを3つも室内へ運ばねばならなかったほど、盛況でした。室内は熱気で溢れかえっていました。 講師20年のベテランの小松さんの授業運びもスムースで、仕事の後にも拘わらず皆さん、熱心にロールプレーに興じられました。IMEDIATAからは、他に事務局長の辻本氏、コーディネート委員の河合氏、吉田氏、白神が オブザーバーとして参加しました。 毎月1回開催を予定しています。スケジュールは次の通りです。
http://imediata.web.fc2.com/ashiya.html

白神美和子
二十余年の数カ国に亘る海外生活に終止符を打つべく、8年前に帰国。2003年から箕面で医療通訳ボランティア活動に従事。2005年よりりんくう医療通訳士(英語)。今年からIMEDIATA専属。大手英会話学校講師。

 | HOME | 

プロフィール

IMEDIATA

Author:IMEDIATA
医療、教育、ビジネス、通訳 … 様々なバックグラウンドを持つ
医療通訳者、関係者からの
メッセージです。

詳しくは 「はじめに」 を
お読みください。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

はじめに (1)
医療英語コラム (3)
医療中国語コラム (2)
医療通訳者コラム (2)
医療通訳記事 (2)
講座・研修レポート (7)
受講者の声 (1)
調査報告 (1)
未分類 (0)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。