スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国語 -- 「請多保重」

日本で体調のよくない方に、最後よく「お大事に」と言います。中国語の対応の言葉は「請多保重」があります。知り合いの間では、もっと簡単にいいますと、「多保重」でOKです。
「請多保重」の拼音(ローマ字スペル)は「 qing duo bao zhong 」で、「 qing 」は第三声「v」で、「 duo 」は第一声「―」で、「 bao 」は第三声「v」で、「 zhong 」は第四声「\」です。日本語のカタカナで書くと、「チン ドォー ボォー ヅォン」かなぁ~(この発音はあまり勧められないですが)
医療現場でもお見舞いでも最後に、「お大事に」と同じく使ったら、大丈夫ですが。医療通訳の現場で、中国語の患者さんに対し、最後に「請多保重」の一言を加えると、すごく親近感が持たれると思います。
また、「請多保重」は「お気をつけてください」の意味もあります。幅広く使える挨拶用語になっております。

陶 彬毅
スポンサーサイト

中国語 -- 「恭喜」

 中国も世界の諸各国と同じ、いいことがあるとき、中国語でよく「恭喜」という言葉を使われます。日本語で「おめでとうございます」の意味です。
 「恭喜」の拼音(ローマ字スペル)は「 gong xi 」で、「 gong 」は第一声「-」で、「 xi 」は第三声「v」です。日本語のカタカナで書くと、「ゴン シ」かなぁ~(この発音はあまり勧められないですが)
 医療現場で「おめでとうございます」っていう言葉は普通に使われないと思いますが、産科だけでは、元気なお子様が生まれるとき、使えます。
 同じく医療現場で退院する場合、いいことだけど、「恭喜」はあまり言いません。
 使い分けの場面はややこしいですが、使える自信がなければ、もちろん使わないほうが無難だと思います。

陶 彬毅
中国で10年間放射線医師で、日本の貿易会社で8年間勤務、
りんくう総合医療センターで中国語の医療通訳暦3年

 | HOME | 

プロフィール

IMEDIATA

Author:IMEDIATA
医療、教育、ビジネス、通訳 … 様々なバックグラウンドを持つ
医療通訳者、関係者からの
メッセージです。

詳しくは 「はじめに」 を
お読みください。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

はじめに (1)
医療英語コラム (3)
医療中国語コラム (2)
医療通訳者コラム (2)
医療通訳記事 (2)
講座・研修レポート (7)
受講者の声 (1)
調査報告 (1)
未分類 (0)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。